2017.10.16 ママガクコピス吉祥寺校様主催

0歳からの絵本の選び方・読み方・聞かせ方講座

 

絵本をよんでもらって、子どもってこんなふうに声を聞いて、絵をみてるんだなと実感することが出来ました。そして、一冊の本の反応の変化を楽しむというのも、親子で歴史を作っていくみたいで、いいなと思いました。(S様)


2017.7.12 ママまんがルームサマサマ様にて

 

昨日はとても勉強になり、本当にありがとうございました。

絵本を読むことをたまに負担に感じることがあったのですが、もっと意気込まずにゆるっと読めばいいんだ〜と気持ちが軽くなりました!

そして、お話の中にあった子供のためだけの時間って、保育園行かせていると特に、本当に絵本読む時くらいかも、と改めて思い、昨日はとても気持ち良く絵本が読めました。

主催してくださった ママまんがルームサマサマ様

 

子どもはどんどん大きくなるけど、これからも絵本を読み聞かせてあげるの?

大きくなったらどんな絵本を読んであげればいいの?

そもそも「絵本で子育て」って?何か特別なこと?どんなこと?

などなど、モヤモヤと感じ始めていた時に巡り合ったのが、とんちゃんの講座でした。

気づきと、学びと、癒しが交錯する「とんちゃんの講座」

絵本を通じて、赤ちゃんとどんなコミュニケーションが取れるのかなどのお話のほか、参加者であるママたちの質問にも丁寧に答えてくださりました。

時にゆるりと、基本サクサクと、時にばっさりとww

 

全文はこちら 


2016.6.15 ママガクグランツリー武蔵小杉校様にて

 

めくったり、自分の好きなページに固定しようとしたりで、どうしていいかいつも迷っていたのですが、無理に全部読むことにこだわらず、楽しんでもらうようにしたいです。

(1歳のお子さんのママ)

 

どんどんめくったり、かじったり、これから出てくるのかもしれませんが、絵本をやめずに一緒に読んでいこうと思いました。

(3ヶ月のお子さんのママ)

 

絵本破りのお話で、自分の子どもの頃のことを思い出しました。びりびりでセロハンテープの多いものほど、よく覚えていて好きな絵本でした。

(ちほさん 4ヶ月のお子さんのママ)

 

絵本スランプだったので、助けを求めにきました。赤ちゃんの時期の向き合い方を教えていただけて、もう少し気楽に楽しんでみようと思いました。

(りえこさん 7ヶ月のお子さんのママ)

 

「赤ちゃんはお母さんの声を、耳と振動で聴こうとする」という言葉に感動しました。

(まりこさん 1歳のお子さんのママ)


「もっとテンション高く読まなくちゃいけないのかと思っていましたが淡々と読めばいいのですね」



「どんな絵本を選べばいいかわからなかったけれど

絵本に対象年齢って関係ないんですね」




「『読まなければ』と義務のように思っていましたが楽しんで読めばいいのですね」