2016.6.15 ママガクグランツリー武蔵小杉校にて

 

めくったり、自分の好きなページに固定しようとしたりで、どうしていいかいつも迷っていたのですが、無理に全部読むことにこだわらず、楽しんでもらうようにしたいです。

(1歳のお子さんのママ)

 

どんどんめくったり、かじったり、これから出てくるのかもしれませんが、絵本をやめずに一緒に読んでいこうと思いました。

(3ヶ月のお子さんのママ)

 

絵本破りのお話で、自分の子どもの頃のことを思い出しました。びりびりでセロハンテープの多いものほど、よく覚えていて好きな絵本でした。

(ちほさん 4ヶ月のお子さんのママ)

 

絵本スランプだったので、助けを求めにきました。赤ちゃんの時期の向き合い方を教えていただけて、もう少し気楽に楽しんでみようと思いました。

(りえこさん 7ヶ月のお子さんのママ)

 

「赤ちゃんはお母さんの声を、耳と振動で聴こうとする」という言葉に感動しました。

(まりこさん 1歳のお子さんのママ)


「もっとテンション高く読まなくちゃいけないのかと思っていましたが淡々と読めばいいのですね」



「どんな絵本を選べばいいかわからなかったけれど

絵本に対象年齢って関係ないんですね」




「『読まなければ』と義務のように思っていましたが楽しんで読めばいいのですね」