企業、団体等で講座や研修の企画をご担当されている方へ


 

社員向け 絵本を使ったコミュニケーションを深めるための研修

 

大人が絵本を読む合う機会を設けることにより、日常業務とは分野の違う会話をすることができ、コミュニケーションがより深くはかられます。

絵本を入り口にすることにより、社員のふだんとは違う一面を知ることにより、業務が円滑に進むきっかけになります。

わたしは、21年間、地方公務員として職員数80人程度の職場で働き続けましたが、業務に関係する研修ばかりではなく、このような研修を受けたかったと思います。

「どんな仕事をするか」よりも「だれと仕事をするか」のほうが、仕事の効率に影響すると経験上、感じています。

仕事とプレイベートをきっちり分けることは、もちろん大切ですが、一緒に働く仲間がどんな人なのかを知っていることは、決してマイナスにはならないはずです。

また、自分にとって「当たり前」のことが、実は当たり前ではないと気づくきっかけになるかもしれません。その気づきは、他者への理解に必要不可欠です。

ふだん、なかなか話す機会のない、同じ職場の人の意外な一面を知ることができると、職場の雰囲気がいい方向に変わっていくきっかけになり得ます。

 

 

 


トップ、管理職向け 絵本を使って感性を磨く研修

 

人の上に立つ人は偉いからと言って威張ってはいけません

偉いだけでは、部下は尊敬しません

偉い人だからこそ、豊かな感性を常に磨く努力を怠らずにいてほしいです

申し訳ありませんが、偉い人だからといって、胡麻はすりません

平かな関係で絵本を読み合いましょう

そこで、日常業務では動かすことのない脳のある部分を、心のある部分を

ぐるんぐるんとかき混ぜて、新たな空気を入れて、感性を活性化させましょう


おすすめの講座

 コミュニケーション研修

 ワーキングマザーのための絵本講座 (男女共同参画の観点から) 参加者の声

その他、ご相談ください


開催可能参加人数 3人〜50人程度

講座時間 1時間半〜2時間程度

※レジュメの原稿は用意します(必要部数を印刷してください)

※使用する絵本(5冊程度)は用意します

※パワーポイント、プロジェクターは使用しません 

 


 

社内報などのコラム執筆承ります

 内容はライフワークバランス、子育てなど、ご相談ください


メモ: * は入力必須項目です